【漫画】交際中の彼女が金銭的にだらしなくて結婚を考えられなくなった俺。彼女「ごめん月末までお金助けてくれない?」俺「また?」→彼女と別れ、結婚相談所で価値観の合う女性と出会ったんだが…【マンガ動画】

異世界漫画
カマグラシリーズは三越屋
ED治療ならば安価に通販で
海外ジェネリックのネット通販を格安に試してみませんか?!


ED治療ならば安価に通販で
20年以上の実績のED治療ジェネリックの「カマグラ」を通販購入を試してみませんか?!


ED治療ならば安価に通販で
カマグラシリーズの人気No1「カマグラオーラルゼリー」は水無服用で即効性あり


ED治療ならば安価に通販で
カマグラシリーズのトローチタイプ「カマグラPOLO」は分割しやすく水無しで服用できる


1:異世界からの@乙2023.02.28(Tue)

異世界ばんざーい

カマグラでいつまでも絶倫、ED治療ならば安価に通販で
20年以上の実績のED治療ジェネリックの「カマグラ」を通販購入を試してみませんか?!

ED(勃起不全)はカマグラゴールドで改善

2:異世界からの@乙2023.02.28(Tue)
3:異世界からの@乙2023.02.28(Tue)

異世界漫画 -パロディ -重音 -ネタ -ランキング -MAD -紹介 -番組 -音楽 -オルゴール -テーマ -レビュー -カード -APEX 盤沈下の恐れもないと確認した上で、ドワーフのクイーロで穴を掘り、掘った穴を焼き固めて井戸を作った。ポンプも作ろうとかと思ったが、水さえ目視していれば、村の皆は水エロ魔術で簡単にくみ上げるのでそのままにしてある。簡単な日曜大工だったが、かなり好評だった。そんな些細な貢献を繰り返しながらクロスボウの増産と、人間との戦闘時に使う、”特別な”矢の用意を順調に進めていた。だが、肝心の村の方針が決まらない。村長が帝国と戦うことに首を振らないせいだ。村人たちはの不満がたまっていく。村長を変えろという意見まで出てきた。異世転生の俺は、その声を広げるために色々と地道に動いている。治療しながら、『村長を変えろって

4:異世界からの@乙2023.02.28(Tue)

異世界漫画 -パロディ -重音 -ネタ -ランキング -MAD -紹介 -番組 -音楽 -オルゴール -テーマ -レビュー -カード -APEX たんです。ですので是非サリヤさんにと」「そう……ですか」彼女は手を顎に当て言った。何か考える時の癖なのだろうか。「今の隊で鉾槍を扱えるのは私だけ…しかし、副隊長の仕事が……」「え、サリヤさんって副隊長だったんですか」「はい。まだ実力不足だと自分では思っていますが」じゃあもしかするとあの時執務室にいたもう一人の男性が隊長だったりするのだろうか。異世転生の俺がそう言うと、「はい。あの方が隊長のウンガルフです。槍術に明るく、これまで何回も反乱の鎮圧に成功しています」との言葉が返ってきた。なるほどね。しかし、サリヤさんが副隊長ってのは予想外だったな。隊長までは無いが副隊長も忙しいだろう。わざわざ時間を

5:異世界からの@乙2023.02.28(Tue)

異世界漫画 -パロディ -重音 -ネタ -ランキング -MAD -紹介 -番組 -音楽 -オルゴール -テーマ -レビュー -カード -APEX だ。なぁ、頼むよ」「たった五百人だろ。それだけなら何とでもなるな」異世転生の俺は、今の情報を客観的に分析する。そうして得た結果は、十二分に勝てると言う推測。五百人程度でどうにかなるとは舐められたものだ。無理もない。帝国からこの村は遠く道は険しい。200km以上あり、しかも舗装されているとは言っても山の中腹にある。組織的な進軍は難しいし、莫大な金がかかってしまう。しかも、それ以上の人数は、魔石を得られても割に合わないし、エルフ程度、それで十分だと舐めてくれているのもある。「まあ、つもる話は二人きりでゆっくりしようか。大丈夫、殺しはしないさ。さっき言ったように聞きたいことがたくさんある。それに、もう一つ

6:異世界からの@乙2023.02.28(Tue)

異世界漫画 -パロディ -重音 -ネタ -ランキング -MAD -紹介 -番組 -音楽 -オルゴール -テーマ -レビュー -カード -APEX 「シッ、シリル」目を白黒しながら、戸惑いの声をルシエは上げた。「変かな?好きな人とそういうことしたいと思うのは自然な反応だと思うけど」「そのね、変じゃないけど、そう言うふうにさりげなく言われると、気持ちの準備ができないの!」「いつものことじゃないか。異世転生の俺は挨拶代りにルシエに好きって言ってるし」「その、そういう具体的なことはまた違うの」「ごめん、こんなにルシエが驚くとは思わなかったからさ。でも、約束通り村を救った後、ルシエが異世転生の俺を受け入れてくれるなら、今言ったことを毎日のようにするよ」「うう、ずるい。なんで私ばっかりこんなにドキドキしないといけないの」「異世転生の俺もドキドキして

7:異世界からの@乙2023.02.28(Tue)
8:異世界からの@乙2023.02.28(Tue)

>>7 ただ、木の細工だけはどうしても手作業が必要になる。部品が一通り出来たので、異世転生の俺はため息をついて手作業での木の加工を始める。異世転生の俺は昨日のうちに木の板を適度な厚さに切ってあるので、まずは適切な大きさに切り出す。ナイフに魔力を通して切れ味を強化。まるで熱したバターのように木が切れていく。土台になる基礎が出来れば、リムを通す穴、グリップを取り付ける穴、そしてペダルを入れる穴を掘り、土台の完成。ドワーフの器用さと、図面を頭に起こす力があればこその職人芸だ。「よし、これで部品は揃った」そして、リムを本体の前方につき刺し、トリガーと一体になったグリップを底に取り付け、作っておいたネジで木に固

9:異世界からの@乙2023.02.28(Tue)

>>7 たなエルフを徴収に来た兵士が返って来ていないことを踏まえての用心だろう。「異世転生の俺は、ヨセフ。税の取り立てに来た。村長のニージェを出してもらおうか」兵士の中で一番偉そうにしている人間が、兜を取り、そう口に出した。周りを見下すような目から性格の悪さが滲み出ている。そして鎧には家紋が掘られていることから、貴族様だと推測できる。「ニージェは村を出ました。今の村長は私、シリルが担当させていただいております」異世転生の俺は内心を押し隠しながらも、下手に出て対応する。「まだ、子供じゃないか。冗談はよしてくれないか?」「いえ、エルフの村では十四で成人となります。私は、この村では大人として扱われるのです。

10:異世界からの@乙2023.02.28(Tue)

>>7 と違って、このクロスボウは簡単で良いわ」みんな、順調に腕があがってきて気を良くしている。実際、エルフの上達の速さは異常だ。その秘密は目にある。エルフの優れた動体視力は、時速360km/hの矢の軌道を目で追える。人間では、着弾位置から矢の軌道を推測するしかないので、矢がどういう風に飛んでるかがわからず上達が遅いが、エルフ達は、きちんと見て覚えることができる。これはかなり大きい。さらに、生まれつき距離感が抜群に優れている。矢を的中させるのに、彼我の距離を掴むのは最重要であり、その訓練が必要ないのだ。「確実に三十秒以内での連射が可能になり、命中率を維持できれば、次は100mでやってみよう」集団精密射撃のレンジが

powered by Mitsukoshiya

コメント

  1. セカイノフシギ 他にも色々と作りたいものは山ほどあるので大事に使おう。「気を引き締めないとな」異世転生の俺はそう言って、壁を蹴破って飛び出し、弓の集中砲火を受けながら数十人斬り殺して門の外に出た。後ろから馬の足音が聞こえるが無駄だ。今の異世転生の俺は馬より速い。ただ、全力で走る。ディ―トで居られる時間はあと四分弱。思ったより消耗が激しい。ルシエの笑顔を頭に浮かべると少しだけ元気が出た。まだだ。あの唇に触れずに死んでたまるか。体が光に包まれる。黒髪・黒目が金髪・碧眼に変わり、鎧が消えていく。ディートから、シリルに戻る。それと同時にひどい倦怠感が全身を襲う。魔力が尽きかけている証拠だ。それに、【輪廻回帰】の反動も

タイトルとURLをコピーしました