カマグラシリーズは三越屋

ED治療ならば安価に通販で
海外ジェネリックのネット通販を格安に試してみませんか?!


ED治療ならば安価に通販で
20年以上の実績のED治療ジェネリックの「カマグラ」を通販購入を試してみませんか?!


ED治療ならば安価に通販で
カマグラシリーズの人気No1「カマグラオーラルゼリー」は水無服用で即効性あり


ED治療ならば安価に通販で
カマグラシリーズのトローチタイプ「カマグラPOLO」は分割しやすく水無しで服用できる


【異世界漫画】魔法学院とさよならですか?第1~13章【マンガ動画】

ED治療をカマグラの通販で始めてみませんか

ED治療ならば安価に通販で
20年以上の実績のED治療ジェネリックの「カマグラ」を通販購入を試してみませんか?!
1:異世界からの@乙2020.12.08(Tue)

【異世界漫画】魔法学院とさよならですか?第1~13章【マンガ動画】って異世界マンガが話題らしいぞ

2:異世界からの@乙2020.12.08(Tue)

 

異世界ばんざーい

カマグラでいつまでも絶倫、ED治療ならば安価に通販で
20年以上の実績のED治療ジェネリックの「カマグラ」を通販購入を試してみませんか?!

 

 

3:異世界からの@乙2020.12.08(Tue)

低評価4wwwww

4:異世界からの@乙2020.12.08(Tue)

異世界漫画 -パロディ -重音 -ネタ -ランキング -MAD -紹介 -番組 -音楽 -オルゴール -テーマ -レビュー -カード -APEXで5とか荒れ過ぎわろwww

5:異世界からの@乙2020.12.08(Tue)

「お前……」

 レオンが眉根を寄せると、刻まれた皺が妙にさまになる。そんなことが過ぎったあと、自分の過ちに気が付いて愕然とした。

「って、ああああ! 間違えちゃった!」

「は?」

「敬語! 失礼致しました、お話するのに敬語を忘れてしまって!」

 目の前にいる青年は、この国で最も尊いのだ。

 その上とても気難しいときているのに、どうしてこんなにも初歩的な過ちを犯してしまったのだろう。焦燥が湧き上がる胸のうちへ、これまでレオンに無礼なことをして殺されかけた人間がいるという噂話が渦を巻く。どのように詫びようかと浮かんだが、やってしまったものは仕方がない。

 過ちは過ちなのだから、心からの謝罪をして素直に受け入れるべきなのだ。カレンは再び背筋を正し、レオンにつむじを差し出した。

「すみません、死なない程度でお願いします……!」

 そう言ったあと、慌ててぎゅっと目を瞑る。

 殴られるのか斬られるのか、やっぱりここは魔法だろうか。彼の魔法が見られるのかもしれないと思うと内心心が躍ってしまうが、すぐにその魔法は自分を焼き払うものなのだと思い直して首を横に振った。

 だが、どれほど待っていても予測していた痛みはない。それどころか、落ちてきたのは全く別のものである。

「……ふ」

 カレンの耳殻をくすぐったのは、掠れて小さな笑い声だった。

6:異世界からの@乙2020.12.08(Tue)

最近異世界漫画 -パロディ -重音 -ネタ -ランキング -MAD -紹介 -番組 -音楽 -オルゴール -テーマ -レビュー -カード -APEX系のつまらない漫画増えてるからな

7:異世界からの@乙2020.12.08(Tue)

This is description

【異世界漫画】魔法学院とさよならですか?第1~13章【マンガ動画】
見てくれてありがとう!
チャンネルを「いいね!」、共有、チャンネル登録してください!

8:異世界からの@乙2020.12.08(Tue)

琥珀色の髪を肩ほどの長さで揃え、ドレスの上にこの魔法学園の制服である白いローブを纏ったこの少女に物言いたげなまなざしを注いでいた。

 けれどもカレンは気に留めず、真っ直ぐに切った前髪の下からその青い瞳を教師に向けている。

 正しくは、その教師の肩口に乗る一匹の白い猫を見詰めているのである。

「理解していることが却って嘆かわしいですわね、心から」

 教師の嘆きが深まるにつれ、白猫はたんたんと尻尾を振った。本来なら邪魔になるほどの振りようだが、教師はちっとも気にしていない。

「よろしいですか? 大精霊の統べるこの世界といえど、優秀な魔法師は貴重。そのため各国は競って魔法学院を作り、優秀な魔法使いの育成に励んでいます」

 そこで教師が言葉を止める。「聞いていますか」と言いたげな視線を感じ、慌ててぴっと背筋を伸ばした。本当はもっとこの猫を見ていたいけれど、そうもいかない。

勿論生まれ持っての魔力やその系統によっても左右され、人によってどれほど努力しても使えない魔法が存在するが、基本的には学習して覚える必要がある。

 それに次いで、聖王は聖なる存在だ。特にこの国においては、十年前の毒魔法の流行を先代聖王が鎮めて以来、その存在の尊さをはっきりと国民に知らしめていた。

 その聖王が、人をおぞましく殺すための魔法を身に着けていると知られれば。

「ちなみにこれ、他言すると教会の手で殺されるから注意な?」

「そんな機密さらっと流しちゃ駄目じゃない!」

「なんで? お前は絶対に他言しないだろ?」

 信頼という名の脅迫に晒され、カレンは思わず顔を覆った。 

「この聖王は特異体質でさ」

 兄は背凭れに深く身を預け、右手を上げる。

「なんでも、そのつもりがなくとも新しい呪術魔法を次々に作り出してしまう体質らしい。その所為で、覚えようとしてもいない呪術魔法が使えてしまうんだ」

「……新しい魔法を、作る……?」

 ぴくりという、自分の心が動く音がした。

「魔法の権威と呼ばれる人が、生涯にひとつかふたつしか生み出せないことを?」

「ああそうだ。すごいだろ?」

「自分で覚えようともしてないのに、次々に身に着けるって……」

「……追い返された封印師は二十一人。そのうち怪我人が十五人。骨折以上の重傷者が十一人、そのうち三ヶ月以上医者が掛かりきりになっているのが七人。怪我はしていないものの会話もさせて貰えなかったのが六人……ってこれ、二十一人全員が怪我をしているもしくは会うことも出来なかったんじゃない!」

 聖王という尊い存在にちっともそぐわない実状に対し、兄はからからと笑い声を上げた。

「だあいじょうぶだって、心配すんな。ちょっと気難しいけど悪いやつじゃないから」

「……お兄ちゃん、このあいだお仕事で会った例の凶悪魔法犯罪者のことはなんて言ってたっけ」

「ん? 根は中々良い奴だったよ。実験として村まるまるひとつ焼き払っちゃったけど、ちょっと魔法に熱心過ぎるだけだったんだ」

「その前の赤ちゃんを攫って殺した女の人は?」

「あの人も悪い人じゃなくてさ。自分に子供がいない中で隣の家が幸せになるのが許せなかったっていう、健気な人だ」 封印魔法とは、この世界に存在する魔法を「数式」に分解し、それを理解することで魔法を本に封じる力のことである。そうすることで完全に効力を殺したり、魔法師がその魔法を使ったときの力を強制的に弱めることが出来るのだ。稀少な力であり、魔法師たちからは生半可な魔法師よりも厄介な存在だと言われている。

9:異世界からの@乙2020.12.08(Tue)

> 伝染病と違うのは、魔法使いが悪意の元に広めたという点だ。毒魔法に掛けられた人々はみんな喉を掻きむしり、発病から十日以内に例外なく苦しんで死んだ。先代聖王がこれを治癒魔法で鎮め、教皇が犯人の魔女たちを処刑しなければこの国は滅んでいたとさえ言われる。 そのめまぐるしい変化ときたら! 黒い魔法の塊は、嵐のように渦を巻いていたかと思えばすぐさま高波に変わる。頬に触れる余波は先ほどまで絶対零度の低温だったのに、一拍置いて焼けるほどの熱を持つのだ。

10:異世界からの@乙2020.12.08(Tue)

聖王塔の主塔は二十七の階層で造り上げられており、その内壁をぐうるりと巡るような階段を下って行くだけで随分と時間が掛かるのだった。ようやく扉を潜って外に出たカレンは、回廊を離れ、芝生の間にぽつぽつと浮かぶ敷石の上を辿って地図をひっくり返した。

 魔法の力を吸い取る薔薇など、想像しただけで高揚する。水色の空が広がる中、思わず立ち止まって深呼吸をすると、カレンのドレスを風が膨らませた。

 ふと、そこに見慣れない形が見える。

 塔の周りを囲う生け垣の足下から、淡い紫色のうさぎが一羽飛び出してきたのだ。どうしてこんなところにうさぎがと訝しく感じるが、すぐにそれが体現された魔法の輪郭なのだと気が付く。

 毛並みの一房までふわふわとした、上等の魔力で作られている。足先がクリーム色をした愛らしいその生き物は、軽い足取りで塔の裏手へと駆けて行った。

 ルドルフに貰った地図が示すのも、おんなじ芝生の道先だ。カレンはもちろん歩き出し、作られた白薔薇のアーチを通る。すると広がった景色を前に、思わず声を上げそうになった。

 見事な赤い薔薇の膝元、芝生があるはずのその場所へ広がっているのは、実に平らかな銀色の湖である。

 鏡のような水面は凪ぎ、まるで鏡のように透き通って、遙か上空の水色と深紅の薔薇とを映し出している。そこへ雲の生む純白が照らし出され、水の持つ銀色と相まって、この空に浸されたような薔薇園を造り上げていた。細波も立てずにしんとして、静寂そのものを水に変えたような湖だ。

 そうして湖のさなかには、白いベンチに眠るレオンの姿がある。

 思わぬ人物の顔を見て、カレンはふたつ瞬きをした。それと同時、先ほどのうさぎやこの湖のような魔法を作り出せる人物はそう多くはないのだからとすぐ腑に落ちる。

 レオンはベンチに横たわり、長い脚はお行儀悪くも手摺りに掛けて投げ出す格好だ。レオン自身が目を覚ます気配はなかったが、彼の傍らにうずくまる番犬の方はすぐさま気付いて顔を上げた。

 漆黒を纏う狼が、すんなりとした鼻先をすんすんと動かしてカレンを見遣る。カレンが持つこの魔法の印象であり、実際は動物でもなんでもないのだが、そう見えてしまうものは仕方がない。

 先日封じたこの魔法は、いまもレオンの手元にある。というのも、あんまり力が強すぎて、カレンの魔力では全てが封じきれなかったのだ。力不足を痛感するけれど、ルドルフたちからしてみれば、レオンが制御出来るまで抑え込んでみせただけでも御の字らしい。

 狼は主君と同じ青色の瞳でこちらを眺めているものの、襲ってくるような気配はない。ドレスをたくしあげて屈み込み、思い切って靴を脱ぐ。

 そろそろと爪先を浸してみると、湖はちゃんと温度があった。

 それどころか濡れた感触もあり、水気を帯びた魔法らしい。靴を置き、魔導書の入ったポーチだけ提げたまま、カレンはその水面にそうっと浸る。

 足首までの湖は、体が透き通るほど冷たかった。

 心の中に澄み渡り、カレンを受け入れて波紋が広がる。一歩一歩ゆっくりと進み、ベンチの下の狼に挨拶をして、主君の姿を覗き込んだ。

 それにしたって、見れば見るほどに整った顔だ。

 仰向けになり、聖王には不適切なほどの無防備さで眠るレオンの表情は、一週間前に初めてまみえたときに比べると何故だか幾分幼く見える。

僅かに開いたくちびるは薄く、すっと通った鼻筋は指でなぞりたくなるような輪郭を描いていた。

それに、目を閉じているといっそうよく分かる睫毛の長さと頬に落ちる影の色。

 この青年がこの指で、くちびるで、あのときに見たような美しい魔法を使うのだ。

もう一度見てみたい衝動をどうしても殺せず、無意識に手を伸ばしてしまった。

 漆黒の睫毛が微かに震え、レオンの眉根が寄る。

 目が開いたと思ったら、透き通った海の双眸がカレンを見上げた。最初はぼやけていた輪郭がやがて、像を結んだあとのこと。

 レオンの顔が歪んだと思ったら、一拍置いて突き飛ばされた。

 尻餅をつく格好で転び、魔法の水面が飛沫を上げる。驚いたものの、痛みはなかった。実際は芝生の上に転がったカレンは、自分にしか見えない湖を見回す。

「すごい、もう水面が凪いでる……!」

「……っ、なにをやっているんだお前は!」

 途端、形よく筋張った手に強く右腕を掴まれた。

 飛沫の掛かった前髪からぽたぽたと雫が落ち、魔法の水面の上にドレスが広がる。レオンは身を屈め、カレンを覗き込むと、寝起きの少し掠れた声で低く言った。

「よほど、俺の魔法で殺されたいらしいな」

 ぞくりとするような冷たい温度の声だったが、不思議に思って首をかしげる。なにしろこれは、どう見ても殺すなんて残酷なことの出来る魔法には見えないからだ。湖の上には人間よりもよほど危険に敏感な小鳥や蝶が、不思議な薔薇に吸い寄せられて無邪気に遊んでいた。

「この魔法じゃ死なないわ。だって、とても穏やかな銀色の湖だもの」

 青い瞳を見上げて言い切ると、レオンの眉根が憮然と寄った。

「お前、本当に魔法がそんな形で見えるのか?」

「あなたにはやっぱり見えないの?」

 尋ねると、レオンは何処か拗ねたような声音で言い返してくる。

「見える訳がないだろう。こんなもの、ただの青色を帯びた光でしかない」

「うわあ、勿体無い」

 カレンは転んだ格好から後ろ手に体を支えると、そのままゆっくりと足を伸ばす。ゆらゆらと足を動かしてみても、魔法の湖は柔らかな波紋を刻むばかりだ。

 受け入れてくれるという心地がするのだ。

 なるほど、安眠にふさわしい魔法である。

「こんなに綺麗なのに」

 幸福な気持ちになったので、柔らかく目を細めて笑った。

「以前も言っていたが、俺の魔法に対するその形容は一体なんだ」

 カレンが納得する傍らで、レオンは複雑そうにベンチへ背を預ける。

「俺の魔法が封じにくいのは、封印師たちにとって未知の魔法だからだと聞いている。お前、知らない魔法が怖くないのか」

 何を当然のことを尋ねてくるのだろう。

 こんな綺麗な魔法なのだから、怖いはずがない。一体どこに紫色の綿毛うさぎや賢い狼を恐れる者がいるのだろうと心から考えるが、正座をして見上げてみるに、こちらを見下ろすレオンの目は真摯だった。

 透き通った青い瞳の中に、星のような光が広がっている。初めて会ったとき、魔法のただなかであれほどまでに暗い光を称えていたのが嘘のようだ。

「怖くない」

 カレンは背筋を正し、その双眸を真っ直ぐに見上げる。

「私が知らない魔法なんて、世界にまだまだたくさんあるわ。魔法だけじゃなくて、人も花も本も、鳥なんかもそうでしょう? 知らないものを怖がることも勿論大切だと思うけれど、分かろうともせずに怖がり続けたら何を知ることも出来ないから」

 自分にとっての未知なんて、これからも毎日生まれてゆく。

 魔法は可能性の塊で、無限の世界を広げてくれる。魔法師はその力を用いることで、世界をいいものにも悪いものにも変えることが出来るのだ。未来も過去も、何もかも。誰もに夢を与えることが出来、それでいて万能ではないこの力で。

 魔法師だった母が教えてくれた魔法の可能性を、カレンはいまでも信じている。そうしてどんな魔法でも、素晴らしいことに転じられるのだと感じている。

「だから私は、あなたの魔法を知りたいの」

 心の底から願って止まないのだ。

 

powered by Mitsukoshiya

TL(ティーンズラブ)漫画はこちら

https://tl.e-daikokuten.net/
TL漫画ならばこちら。

この記事を書いた人

異 世界